スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪苗代湖畔駅【駅訪問】 ~東北・北海道の旅その1~

少しずつブログの更新頻度を上げようとしています。

さて、8月30日~9月9日(時間的には10日)に、東北・北海道へ旅をしてきました。
9月2日~5日にて部活の合宿が行われたため、これを含めて"旅行"としています。

初日である8月30日は、ムーンライトえちごに乗車し、高崎から新潟へと向かいました。
車内で一夜を過ごし、新潟から新津を経由して磐越西線に乗って向かったのが、今回ご紹介する「猪苗代湖畔駅」です。

猪苗代湖畔

(臨)猪苗代湖畔
いなわしろこはん
Inawashirokohan

住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字壺揚字南浜
所属路線:東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線
開業:1986(昭和61)年7月20日
休止:2007(平成19)年

情報元・・・JR東日本公式サイト、Wikipedia

駅名の由来は、猪苗代湖のすぐそばであることからですね。
1962年~1967年に、「志田浜仮乗降場」というものが、現在よりも若干関都駅(隣の駅)寄りにて営業していたそうです。その後、当駅の横を走る国道49号線が渋滞するようになり、関都・上戸の両駅から徒歩で志田浜へ湖水浴に向かう客が増えたことから、1986年、現在の地に3両編成が停車できるホームを設置したそうです。
なお現在のホームは、6両編成に対応しているそうです。

湖水浴客のために設置した駅なので、夏季に列車を停車させる臨時駅となっていますが、最近はまったく停車する列車が設定されていません。

今回、私は友人を誘って2人で訪問しました。隣駅から徒歩で向かうという方法はもちろんのことですが、ほぼ同じ距離であるため上戸駅から行くか関都駅から行くかで迷いました。しかし、上戸駅からだと途中でトンネルを通ることになるので、関都駅からの徒歩ということにしました。

関都駅からは徒歩約30分です。同駅を出たらまず右に進みます。道なりに行くとこの道が線路沿いの道であることがわかります。そのまま進んだところにある踏切を渡って木陰の道を進むと、国道49号線と交わる信号機のある交差点に出ます。ちなみにこの交差点の近くにはセブンイレブンがあります。ここで左折し、少し進むと左手に白い巨像が見えてきます。これが猪苗代湖畔駅の入口となります。

やはり地図を見るのが一番わかりやすいかと思います。なお、Googleストリートビューには対応していないようです。

猪苗代湖畔駅入口全体写真
▲猪苗代湖畔駅入口全景

駅の入口には、「ようこそ 猪苗代湖畔駅」の看板があるほか、先ほど述べた通り巨像がそびえています。
この巨像には「栄光の女神」像という作品名がついています。台にはこの像の設置(つまり駅の設置?)に関わった方々の名前が記されていますが、その中には元総理大臣の名前も・・・

とても"駅前"という雰囲気ではありませんね・・・

国道を挟んで反対側には、宿泊施設があります。しかも温泉付きです。
駅前に宿泊施設


というわけで、さっそく駅に入ってみよう!と思ったのですが・・・
駅入り口
▲駅への入口
ご覧の通り、草がボーボーです。もう放ったからしなのでしょうか。

でもせっかく来たのだから、ここで引き下がるわけにはいきません。
道なき道?を進みます。といってもすぐに・・・
駅の建物
▲乗車券販売窓口
駅舎というのか、小屋があります。
きっぷをここで発売していたのでしょう。

その先も草が伸び放題な通路を進みます・・・
階段
▲ホームへの階段
特にロープ等で塞がれておらず、ホームへ立ち入ることができます。

ホーム1
▲ホーム全景
ホームにまで草が伸びてきています。

ホーム2
ホームを半分くらい進み、床を見ると、ホームを延伸したということがわかります。
そういえば、この駅への入り方が不自然でした。「ようこそ」と看板があるのなら、そのまま正面に進めばいいものを、わざわざ右手の小屋の方にまわっていく・・・。つまりこれもホームを延伸したからなのですね。

駅名標とホーム
▲駅名標とホーム


駅を一通り見終えたら、元来た道を通って関都駅へと戻るのでした。

ちなみに路線バスもあるようなので、事前に調べておくと良いと思います。
あと、先ほど述べたように駅前に宿泊施設があるので、ここを利用したり温泉に入浴したりという観光もありだと思います。車が結構出入りしている様子から、人気があるのでしょう。

しかし国道沿いには飲食店の廃屋もありました・・・。


まぁ、この駅は秘境駅ではないですね。観光地の駅として活用できそうですが、何か事情があるのでしょう・・・。



興味のある方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。
ですが、行く場合は自己責任で。
また、ゴミを捨てたり列車の運行を妨げたりといったことなどないよう、マナーやルールを守りましょう。


以上、猪苗代湖畔駅の訪問記でした。

ちなみにこの記事は、前回の駅訪問記であるプレイピア白浜の記事を参考に書いております。

――――――

東北・北海道の旅はまだ始まったばかり。
その2は仙山線の2つの臨時駅訪問です。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セルフ

Author:セルフ
都区内在住の大学院生。学部とは異なる専攻に進学したことで、ようやく通うキャンパスも都区内になりました。

東京メトロと乗り入れ路線を中心に鉄道写真を撮影。

千代田区地域福祉交通「風ぐるま」見直し検討会委員(2012年6月~2014年3月)

お知らせ
特になし
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。