安比高原駅訪問

お久しぶりです。管理人のセルフです。

まずはお詫びです。

2012年の10月以降、ブログ更新が停まっていました。大変申し訳ありませんでした。
11月、大学の部活の方で忙しくなったため、何回か撮影には行っていたのですが、UPする時間がありませんでした。
今月より春休みに入り、また更新ができるようにしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


では、本題に移ります。

2月4日~8日まで、私は岩手県の安比高原まで行ってきました。
2月5日の朝に、ちょっとだけ秘境駅訪問ができたので、ミニレポートのような記事を書いてみようと思います。

訪問した駅は、JR花輪線の「安比高原駅」です。

安比高原駅駅名標



安比高原
あっぴこうげん
Appi-Kogen

住所:岩手県八幡平市松尾
所属路線:東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)
開業:1959(昭和34)年12月10日(龍ヶ森信号場として開設)

情報元・・・JR東日本公式サイト、Wikipedia

もともと、国鉄時代だった1926(大正15)年に開設された「龍ヶ森信号場」がルーツのようです。
1952(昭和27)年1月に仮乗降場に昇格するも、同年8月に廃止され、1959年12月10日に2代目の信号場として開設されたのが現在のこの駅です。
1961(昭和36)年12月に駅に昇格し「龍ヶ森駅」となり、1988(昭和63)年3月13日に現在の駅名になったそうです。
1998(平成10)年には無人化され、交換設備もなくしたとのこと。

かつてSLブームの際、鉄道ファンが撮影のためにこの駅の周辺にやってきたそうです…。


今回私は、ローソン安比高原店より徒歩で向かいました。
雪が舞い、風が吹く中、雪道を1人で歩くという感じでした。

地図で見ると結構距離あるね、と友人から言われたのですが、これまでの経験や時間の制約等を考えても、行って帰れる程度だと判断したので、行ってみることにしました。

ローソンの駐車場にある雪の壁に隠れ、ささっとローソンを後にした私は、ハイパワーバッテリーに交換したスマホの地図を見て、道なりに進みました。慣れない雪道、時間の制約を考えて急ぎ足で向かった結果、3回くらい滑って尻もちをつきました(笑) それもあって、10分足らずで安比高原駅に到着しました。

駅舎
▲安比高原駅駅舎

右に停まっている車は保線用の車のようで、作業服を着た方が駅前の除雪をしていました。

看板
▲入口看板

詳細は最後にボソッと話しますが、今回は一眼レフを持っていくような旅ではなかったので、この記事の写真はすべてコンデジで撮っています。でもこの入口の写真、結構味わいある写真に撮れた気がする・・・

待合室
▲待合室

階段を上がって左を向くとこんな部屋があります。手前はかつて有人駅だった時のきっぷ売り場だったのでしょう。奥は待合室になっています。
右の方に時計が写っていますね。朝6時半より少し前に訪問したということです。これについても詳しくは後ほど…

ホーム全景
▲ホーム全景

ホーム2
▲ホーム

周辺にあるのは、ゴルフ場くらいです。
スキー場もありますが、歩いていく距離ではないです…。

旧駅名標
▲旧型駅名標

駅舎の裏側にも駅名標がありました。
しかし、正面まで行くことはできませんでした。

小屋
▲保線小屋

線路を挟んで反対側には、小屋がありました。

バス停
▲バス停

駅前はバスが停まれ、ターンができるくらいの広さになっていました。このほか、電話BOXも設置されていました。

帰りに・・・

駅入口看板
▲駅入口案内看板

ゴルフ場に続く道から見える案内看板を見つけました。
しかし、ゴルフ場からの道は除雪されておらず、この時点では看板の意味がありませんでした。

これにて、ローソンへと元来た道を戻っていくのでした。帰りは、除雪車が往復してきたので、それを避けながら歩きました。約10分でした。


地図で見ると、国道282号線から近いように見えるのですが、ちょうど駅付近はトンネルになっており、国道から直接駅に行くことはできません。行くには、いったんローソンがある交差点までまわる必要があります。


さて、先ほどから詳細を書くとか言っていましたね・・・
実はこの旅は、大学のスキー合宿として行ったのです。このため、約30分の朝食休憩を利用しての駅訪問でした。
したがって、横浜の大学から貸切夜行バスでローソンまで来たわけです。

というわけで、よい子はマネしないように・・・



次回の遠征は、中国地方を予定しています。
寝台列車を利用するので、今回は乗車レポートが書けるのではと思います。

それまでにまた記事が書けると良いです。
では、また次回の更新まで。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セルフ

Author:セルフ
都区内在住の大学院生。学部とは異なる専攻に進学したことで、ようやく通うキャンパスも都区内になりました。

東京メトロと乗り入れ路線を中心に鉄道写真を撮影。

お知らせ
2017.7/31:一部記事を削除いたしました。
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR